色々な結婚式の挙げ方について

結婚式だけの場合には

最近では、結婚式だけを挙げてその後の披露宴はしないという人も増えています。これは、披露宴にかかる費用を、新婚旅行や新生活の方に当てた方が良いと考えての事です。このように、披露宴をしない時は、親しい人達や会社でお世話になっている人達等に必ず伝えておきましょう。例えば職場の上司に、結婚の報告をする場合は、結婚をする事を言った後に、式だけにして披露宴はしない事にしましたなどと、さりげなく付け加えておきましょう。

国際結婚をする場合には

国際結婚の場合、先ず最初はお互いの国の習慣を理解する事です。コミュニケーションを図って、自分の国のしきたりや習慣を理解してもらい、相手の方の事も理解した上で、どちらのしきたりで挙式を行うのかを決めましょう。もし、結婚して日本で暮らすのなら、日本によくありやり方で挙式をするというのも一つの方法です。今では、日本で挙げられている結婚式の約半分はキリスト教式の結婚式です。相手がクリスチャンなら、日本の教会で挙式を挙げる事が出来ます。また、式の形や内容にあまりこだわらない人前結婚式も相手にとって比較的抵抗の少ない方法です。

執り行わない場合のマナーについて

式の後に披露宴をしない場合や国際結婚の場合は、それほど人を呼ばない、或いは呼べないというケースがあります。そのような場合は、先にも述べたように、必ずその旨を伝えておきましょう。例えば、披露宴があるなら、仕事場の上司等は普通招待されるものです。相手がそのつもりでいたのに招待されなかった、と誤解しないよう、必ず一言言っておきましょう。仕事場の上司の他に、近い親戚や仲の良い友人に対しても同様です。もしも、事前に伝える事が出来なかった人には、結婚の挨拶状の中でその旨を報告しましょう。

結婚式場を神奈川で探している人もいるでしょう。どのような式をあげたいのか、二人でしっかりと話し合って実際の式場の見学もして決めましょう。