結婚式が親族だけの結婚式の長所と短所

結婚式のスタイルについて

大切な人へのプロポーズが成功して、これから結婚をするとなった場合に、式について夫婦間で話し合う場面が来ると、どういう結婚式にしようか迷う方が多いのは事実です。一般的には友人や知人をたくさん招待して、盛大に式を行う夫婦が多いのですが、その場合ですと多くの人に招待状を書いたり、連絡を密にとらないといけないため、想像以上にやることが多いため、あえて親族だけの結婚式をやるというのも一つの選択肢として挙げられます。

親族だけの結婚式について

では親族だけの結婚式ということになるとどのような式になるか想像がつかない方も実際には多くいるので、簡単に説明します。

実際の結婚式の進め方については普通の挙式と変わらないのですが、いわゆる式の最中に友人や知人が余興をするというようなことは行われません。

また食事に関しても、新郎新婦が食事をとる時間もないというようなことはなく、親族とともに会話を楽しみながら食事をするというスタイルになるので、家族で式を楽しむには最適です。

親族だけの結婚式の長所と短所

このように親族だけの結婚式の場合は、社交辞令のような友人、知人へのあいさつ回りというものはなく、また食事も家族とともに会話をしながらできるため、身内だけで楽しく式を挙げるには最適です。

逆に親族だけのデメリットとしては、余興などがないためエンターテインメント性に欠けるという点があります。

そのため、盛大に式を挙げたいという方には向かないので、その場合には友人知人を多く呼ぶ結婚式のほうが向いているといえます。

少人数での結婚式なら、ゲストハウスウェディングをおすすめします。一軒家を貸切るので、お客様を自分の家に招待するようなアットホームで温かな雰囲気の中で挙式することができるでしょう。